債務整理110番

借金返せない時の知恵袋!【帳消し法令は?・・胸が苦しいんだ】

28歳という若さで借金まみれで人生が崩壊してしまったサラリーマン。
その後308万円まで膨らんだ借金を返済できた体験談を語ります。

 

今現在借金問題で頭を抱えていてどうにもならないという人に少しでも助けになればという風に思います。

  • 毎日通帳残高をチェックしているお金に余裕がない
  • 多重債務が重なり一体借金が何円あるのか把握できてない
  • クレジットカードのキャッシング枠やカードローンはもはや限度額マックスで解約一歩手前
  • もはや滞納状態で返済できる目処など一切ない
  • 毎日が不安で押しつぶされそうどうすればいいんだ
  • 借金の悩みを恥ずかしすぎる誰にもバレたくないんだが・・・

お分かりいただけるでしょうか。
誰が見ても悲惨な状態、これが3年前の私の状態でした

 

ちなみに現在の状態は金融ブラックのためクレジットカードは全然作れない、もちろんローンは通らないそんな状態は続いています。しかし借金の悩みは全然なくなりました。

今回はその経緯をあなたにもお話ししたいと思います

今現在借金に悩んでいてもうどうしようもないという方には参考になる情報だと自負しています。

 

身バレしたくはないので、要所要所で情報を伏せています。ただ体験談は すべて真実です

借金が辛くて、 明日の生活もどうなるのかわからない。

そんなあなたはまずは下記のサイトで借金がどこまで減るのか無料診断をお勧めします

⇒匿名OK!借金の減額診断はこちらです

 

※24時間オッケー。無料で診断してくれます。

28歳にして、借金まみれで人生崩壊した話

借金の理由は何を隠そう完全に自分自身。
こればっかりは言い訳もしようがない。本当にどうしようもないわけなのであなたの参考になるかも わかりませんが、体験談として述べておきたいと思います。

借金の理由はこれ(概要)
①卒業旅行の資金のため
②ギャンブル( パチンコやオンラインカジノ)
③日々の生活に困るようになってしまった

 

1.卒業旅行の資金のために30万を学生ローンで借りた

当時の私は借金が348万円に膨れ上がるなんて全く考えてみなかった。
私の借金はかなり早い時期からで実は大学4年生の頃だった友人と卒業旅行に行くという名目で学生のお気軽に借りてしまったことが何よりの始まり。

漠然と社会人になったら30万円なんてお金余裕で返せるに違いない

根拠のない考えになぜか自信を持っていたいし学生時代は遊びまくるもし遊ぶ金がないなら借金するしかないでしょといった安易な考えでした。

今思えば大学時代にバイトをもっと頑張っておけば良かったなとか思ってしまいますね。やっぱり時は金なりというぐらいあって大学時代の時間も時間も無駄にすべきではなかった

しかし待望の社会人になった私は初任給を見て愕然としてしまった給料なのコレバイトで稼いだ方がよっぽど自由に使えるお金多かったという覚えがあります。

2.社会人になってギャンブルにハマった最悪の展開

大学卒業した私は新卒で入社した会社で真面目に仕事を初めて行ったわけですが初めの頃はしっかりと真面目に借金を返済返済することを考えていました。

しかし学生時代からパチンコが大好きだった私は相変わらず社会人になってからもパチンコから足を洗うことができず・・・
働いた金で借金を返済するのではなく働いた金をパチンコに回してそれで儲けた金で借金を返せばいいなんていう本末転倒な考えに至っていました。

何と言うか我ながらアホすぎる。

当然のことながら仕事が休みの土日は毎日パチ屋へ向かってました、平日も仕事が早く終わればその足でパチンコ屋へ。

経験者の方が分かると思いますがパチンコ屋は何て毎日言っても結局負けるものですたまに行くから勝てるのです統計上そうなってるそうじゃないとパチンコ屋が潰れます。

パチンコで散々負けに負けた私は貯金がなくなってしまい日々の生活にも困るほどに

3.生活するお金がない!じゃあ借りようという思考

新卒入社7月頃いまだに学生ローンが終わらないのについに消費者金融に手を出してしまったその額は50万円を追加。消費者金融で初めて借金をした時は心臓がドキドキしましたがなぜか比較的大きい会社に入っていた私はあっさりと50万を借りられてしまったわけです。

借金をしたにも関わらず50万円も借りれたんだからしばらくは生活できるなと安易な考えに染まっていました。もうお家は分かるかと思いますが実際はその50万円もパチンコ屋に献上してしまいました

アホすぎますか?まさにそうだと思います。

しかし若気の至り 最高潮の私は借金にまみれて人生が壊滅してしまうまで全くこの生活やめようという気になりませんでした。

進んでみなければわからないなんて人生はいますが、生活が破綻してしまう事は進まなくたって想像ができたはずでも気付けなかったんです。

25歳、借金307万に膨らむ・債務整理の体験談は超ブラックへと進む・・・

もう借金ができない。それにプラスして借金を返済することもできない
こんなに若いのにもう人生が壊滅てしまった。結婚もできないだろうもう人生終わりだ

気がつけば私の殺菌し総額は307万円にまで来ていた。そして今月返さないといけない金額は25万円という状況。そんなに借金返済してたら日々の生活なんてあったもんじゃありません

何より月25万円返さなきゃいけないというのに手持ちのお金は1万円もない。

初めて自分がピンチに陥っていることに気づきました。

そっからは必死でネットで検索一体どうしたらいいのか?
そうそう都合のいい回答が出てくるわけもなく。

  • 借金どうしたらいいんだ
  • 借金が全然返せそうにない
  • 今すぐ現金が必要

などなど Google 検索に向かって悲痛な言葉を投げかけてみました。
なんというピンチな状況なのに・・・

出てくる回答の数々は・・・

「お金が無いなら借りて借りればいいんだよ・・・!」

と言ったインターネットサイトが出てくるばっかりで、もはや自分ではどうしたらいいのかわからない。

しかし人間はピンチになればその問題を解決するためにフル回転で頭が働きますそんな時に出会ったのが債務整理という方法を何と債務整理を使えば借金問題が解決できるらしい!!

あの時の私のように借金で身動きが取れなくなった

もう借金まみれだし人生終わっちゃってるな

もはや残された選択は死しかないのか。

そんなふうに落ち込んでいるあなたには絶対に知っておいてほしい知識です。

なぜなら私は偶然見つけた債務整理という方法を使ったおかげで現在では借金の心配をせずに生活ができるようになっているからなんですね。

債務整理と言っても、債務整理=自己破産ということではなく任意整理という選択肢があります。専門家の方と相談した上で任意整理という選択肢をとった私は借金を返しやすくしてもらったという代わりに金融ブラックになってしまいました。こればっかりはどうしようもないですけど。

これが債務整理の唯一といえるデメリット。

金融ブラックだとクレジットカードが作れません。だけど会社にばれるわけでもないし車も普通に持ってますけどね。

追い込まれた私は借金は解決する方法は自己破産しかないって勝手に思い込んでましたがまさかこんなにあっさりと 借金問題が解決してしまうとは思わなかった。

どうしようもない生活から無事に抜け出すことができました。

俺ブラックなんだよね~何て大声で言えるような立場ではありませんが。
普通に生活はできちゃってます。

簡単に2分で解説!債務整理とは?

債務整理って聞いたことはあると思いますけど一体どんなシステムなのって考えたことありますか

一言で言っちゃうと債務整理は国に認められた借金救済のシステム

有名どころだと自己破産ってのがありますけど。自己破産の方がいいんじゃないのなんて思う人もいるかもしれませんが借金をゼロにする代わりに資産を全部没収されてしまいます。

借金がゼロになるぐらいだからプラスの方も持ってかれるって事ですね。

債務整理に中で一番重いのが自己破産。

それ以外の方法もあって。債務整理には下記の3種類があります

①任意整理
②個人再生
③自己破産

 

1.任意整理って何ですか?超簡単に解説

裁判所を使わずに弁護士司法書士が消費者金融で借金減額返済方法を交渉してくれます。

そのため好きな借金を選んで交渉することができますだから車のローンは債務整理はせずに車を残す家を残すといった選択が自分自身で可能ということです。

また裁判所が関わってこないというのも重要なところで、 他の方法に比べて交渉が早く進むことが多いですね。

 

2.個人再生って何ですか?超簡単に解説

裁判所を通して借金を1/5程度にすることができます。ただし個人再生は手続きがめちゃくちゃ面倒。

ちなみに家を残すことはできます。

 

3.自己破産って何ですか?超簡単に解説

借金をゼロにする代わりにほぼすべての資産を差し押さえるという方法になります。

借金をゼロにするのだから子さんも同じようにゼロ。

家と車は諦めてください。

 

まとめ

300万円の借金まみれ人生を送っていた私が最後の最後で見つけたのが債務整理という方法でした

そして債務整理の中から選んだのは任意整理という方法。

なぜ任意整理を選んだのか?任意整理では借金をゼロにしたり、大きく減額することはできないのですが任意整理だけにある二つのメリットに私は魅力を感じました。

 

そのメリットは二つです

①好きな借金相手を選べること
②規則をなくす交渉ができること

まず勘違いしてはいけませんが債務整理は無料ではありません。

弁護士事務所などで一生あたりいくらで料金を支払う必要があります。

そのため数万円程度で自分自身で何とかなりそうだと思った借金は自力で何とかするという選択をして、額が多くてどうしようもない消費者金融を選んで交渉することができました。

交渉した結果借金の元本は返済するんですが利息文の支払いをカットしてもらうことができます。

元本は残るのか・・・

少し残念に思ったかた利息カットでかなり大きいて知ってました?

私の場合は300万円の借金で月々10万円以上の借金返済をしていましたが、弁護士事務所への分割払いを含めたとしても月7万円程度の支払いで済むようになったんです。

月3万円の差かそんなふうに思うかもしれませんが、その3万円って別に元本減ってたわけじゃありませんからね。

あくまで利息分が3万円として乗っかってたということです。なんとも恐ろしい話ですよね・・・

最後にあなたに伝えたいこと

ということでここまで長々と読んでいただいたあなたのために債務整理の一番のメリットをお伝えしておきたいと思います。

債務整理を選択し弁護士から消費者金融などへの債権者へ連絡が入り交渉中は一切借金返済しなくてもいい

という事実を知っておいてください。

つまり債務整理を起こした場合弁護士先生に頼んだその日から交渉中の23ヶ月の間は借金を返済する額はゼロです。

これがまさに一番のメリットだと私は思います。

  • 借金で人生詰んでしまったもう駄目そう
  • 絶対に自分だけで借金返せない
  • もうどうしたらいいのかもさえもわからない

だったらいっそのことプロに丸投げしちゃいましょう

私の場合は大学時代から含めて何年間も借金に苦しめられもうダメだというタイミングで債務整理を初めて検討したんです。

しかしぶっちゃけた話それって遅すぎます。手を打つんだったら今すぐ打つべきだった

もし月々の返済が滞るような状態があったのであれば、 将来的に絶対に返すことができない瞬間がやってくるはずなんです。

あそこまでしてくるしすぎる生活を続けるよりは、少しでもやばいと思ったら傷が浅いうちにプロへ相談すべきだと私は思います。

何度も言いますが債務整理の確かにデメリットは存在します。

それは金融ブラックになってしまうこと。そして弁護士の先生の支払額が発生するということ。

しかし考えてみてください結局のところ今すぐに支払いができないとなるとブラック属性になってしまうことそれは分かりますよね。つまり債務整理をして金融ブラックになったとしても結果としてどちらを選んでもブラックになるのには変わりはないのですから、デメリットというほどのデメリットだとは思いません。

また弁護士費用は発生するのですがありがたいことに分割払いしてくれるので分割払いの件は弁護士先生にお願いすればオッケーです。

債務整理が気になったって人は是非あなた自身で情報を集めてみたり近くの弁護士事務所で債務整理案件は使ってないかチェックしてみるといいと思います。

私の場合は地元の弁護士事務所を何軒か回りいいところがないか探していたんですがはっきり言ってすごく時間かかるし、借金返済のことなんで特に楽しくもないので心が折れそうでした。

しかし最近では無料で出来る借金減額シュミレーターってのが登場してて、しかも24時間対応だし無料匿名で借金を減額できるか診断可能なんですよね。便利ですよね。

⇒匿名OK!借金の減額診断はこちらです

 

もしあなたがここで自分の借金を本気で返したい、解決したいなと思ったのならば活用してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました